訴訟手続きの代理

2014.10.24|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

訴訟手続きの代理人としては、弁護士、司法書士などが訴訟の代理を行うことが可能です。このうち司法書士は、簡裁代理のみを行うことができます。訴訟を行う場合は、通常法律の専門家である弁護士や司法書士に訴訟手続きを行ってもらうのが普通です。勿論、訴える本人で訴訟手続きを行うことが可能です。

訴えるには、訴状を作成する必要があります。先ず、訴訟を起こすためには、さまざまな準備が必要です。法律の専門家は、相談を受けてから証拠を集め、勝訴の見込みがあるかどうか検討します。そして、訴状を作成し、管轄の裁判所に訴状を提出します。そうすると裁判の第1回目の期日が決定されます。通常、代理人が出席します。訴訟は、裁判所の判断によりジャッジされるためどちらが勝訴するか容易には、分かりませんが訴訟のプロである弁護士や司法書士に依頼することで勝ち目のない訴訟は、回避できると考えられます。gf1940072417l

一方で、訴訟を起こされた被告は、第1回期日より前に答弁書を提出しなければなりません。被告が答弁書を出さず、第1回期日に欠席した場合には、敗訴になるそれがあります。したがって、法律に詳しくない被告は、法律の専門家である、弁護士や司法書士に代理人になってもらって裁判を闘う必要があります。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。