成年後見制度との関わり

2014.10.24|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

成年後見制度とは、例えば、認知症を患ったり、知的障害がある方など、事理弁識する能力が劣る状態にある方には、成年後見人の審判を家庭裁判所に申し立てすることができます。そして、成年後見制度は、事理弁識する能力が劣る方の権利を守るための制度です。事理弁識する能力が劣る方には、後見人や後見監督人を付し、重要な財産などが不当に処分をされないようにする制度ともいえます。

 

 

ものごとをきちんと認識し、処理するための能力が欠ける場合は、親族や検察官から請求によって家庭裁判所に後見人の審判を申し立てします。成年後見制度では、成年後見人の他に、保佐人、補助人を付けることができます。成年後見人を付けるか、保佐人や補助人にするかは、事理弁識する能力の程度により裁判所に審判の申し立てを行います。

gf0640255792l

 

成年後見制度を利用すると裁判所の管理下におかれ、財産の処分状況などが管理されますので、正しい、財産の処分が行われることになります。通常、成年後見人は、弁護士や司法書士などの士業の方が裁判所から任命される形になっています。高齢化の進展に伴い、成年後見制度を利用される方は、多くなってくるものと思われます。この制度を頭がおかしくなる前に利用して、ご自身の老後の権利を守ることも可能です。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。