軽度の精神上の障害のある方にも対応

2014.10.24|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

成年後見制度とは、認知症や知的障害、精神障害などの理由で判断能力が不十分な方を支援する制度です。本人に代わって、不動産や預貯金などの財産を管理したり,介護サービスや施設入所に関する契約を結んだりするのが、成年後見人の仕事となります。成年後見制度には、法定後見制度と任意後見制度があります。法定後見制度とは、判断能力がなくなってから始まる後見制度で、家庭裁判所などが関わって後見人を選任する手続きがあります。一般的には、親族が後見人になるケースが多く、特別な資格を要しませんが、最近では、弁護士、司法書士、社会福祉士などの専門家に後見人を依頼するケースもあります。一方、任意後見制度とは、判断能力がなくなる前の段階で契約によって、本人が後見人を選任することです。gf0780078654lいずれにしても、後見が必要か否かというのは、あくまで判断能力の有無と程度が問題となります。精神障害自体は、直接は関係ありません。ただし、精神上の障害が原因となって判断能力が低下したとなれば、もとろん支援の対象となります。判断能力の程度によって、後見、補佐、補助の段階に分かれます。それぞれ、支援する人を、後見人、補佐人、補助人といいます。軽度の精神上の障害のある方の場合、補助人に該当することが多くなっています。後見、補助と比べて、判断能力が残されているみなされますので、より自己決定を尊重した支援を受けることが可能です。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。