自分で決めておく任意後見制度

2014.10.24|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

最近は高齢者の間で相続税対策や遺産相続の時に相続人達が揉めない様に遺言状や自分が死んだ時の事を考えて終活が盛んに行われていますが、日本各地で行われているセミナーではその他にも自分が認知症などになり身の回りの事が出来なくなった時の場合に代わりに各種手続きを代行してもらい、日常生活に支障の出ない様に後見人を決めておく契約書も作成しておく様に教えている専門家もいます。

これを任意後見制度と言いこの制度は本人が認知症など日常生活に大きな支障が出る疾患にかかった場合に、身内か弁護士などに日常生活に必要な各種手続きを自分の代わりに後見人に行ってもらう制度で、もし自分で契約を交わしていなかった場合は身内が法律事務所等に相談して弁護士が任意後見の申し立てを裁判所に行う事になります。gf1420096371l

しかしそうなると本人の意思が尊重されないケースも有りますので、最近では自分が健康なうちに任意後見制度を使いもし自分がその様な状態に陥った時に、あらかじめ後見人を決めておいて病気が発症した時に自動的に指定した人を後見人にしてもらえる様に裁判所に申し立てが出来る様に、任意後見人の契約を交わしておく事で自分の意思を伝えられる様に準備をしている高齢者も増えてきています。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。