多重債務者の救済

2014.10.24|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

裁判事務の仕事の範囲も幅広く刑事事件に関する書類から離婚調停の申し立ての対応まで沢山の職務が有りますが、その中には自己破産の申し立ての処理は年間を通じてかなりの数になり、年々増加の傾向が有りますが裁判所の承認が下りた申告者の案件に関しては速やかに弁護士を通して債権者に自己破産での免責の承認を受けた旨を伝えなくてはいけません。

しかし中には悪質な債権者もいますので、その様な債権者から債務者を守る為に悪質な債権者に対しては警察と連携して免責を承認された元債務者を悪質な債権者から守る為に常に安全の確認を行う必要が有ります。多重債務者にとっては自己破産は最後の砦ですので、多重債務者を救う為にも裁判事務を行う人間は自己破産の申し立てを受理した段階である意味その人間の命を預かると言っても過言では有りません。gf1940270287l

確かに無計画な借金をする方にも原因は有りますが、全員がそういう訳では無く違法な金利で返済不可能に陥れる金融機関も有りますので、裁判事務の業務内容は直接では有りませんがある意味人の命や尊厳を守る仕事ですので刑事事件の時は弁護士と対立する事も有りますが、自己破産に関しては連携して債務者の命を守る為に業務を行っています。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。