裁判所への訴状や答弁書の作成

2014.10.24|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

裁判所への訴状や答弁書の作成というと難解で、弁護士にしか出来ないようなイメージです。特に、訴状を作成するということは「誰かを被告として裁判所に訴える」ことになるので、より難しく感じます。しかし、その全てが難しいことではありません。例えば、未払い家賃を裁判で請求するという事例を参考にしてみます。未払いの家賃を請求するので、「家賃を請求できる契約上の地位を有しているのか」・「現実に家賃が未払いであること」などを訴状に記載するとともに、「証拠書類」も作成して、裁判所に提出します。このような証拠書類は、弁護士でなく、裁判事務をする人が作成することがほとんどです。つまり、「家賃を請求できる契約上の地位を有しているのか」は賃貸借契約書で証明でき、また、「現実に家賃が未払いであること」は賃貸人の銀行口座に家賃が振り込まれていないという事を証明すればよいので銀行通帳の写しで証明できます。gf1420361966lちなみに、未払い家賃を請求された場合には、答弁書にその旨を記載して、「家賃を支払った振込明細表」で支払いの事実を証明する等になります。従って、裁判事務に携わる人は、前述のように証拠書類の作成等をすることにより、訴状や答弁書の作成に深く関与することができるのです。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。