登記について

2014.10.24|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

基本的に登記という仕事は法人登記や不動産登記はといったことがあります。
このような制度はいったいどのような意味があるのでしょうか。

 

 

不動産登記とは、その名の通り、不動産のことについて権利関係の変動や新たな権利の設定など
を第三者にもわかるように公示をすることであります。

 

 

基本的には、不動産の登記をしなければ第三者にはその陶器の効力を主張することができないため
不動産の売買をするときといったように、不動産で何らかの取引をするときには、登記をすることは必須のこととなっているのであります。gf0640255783l
不動産は値段が高いものですから、このように権利関係をはっきりさせておく必要があるため
このような制度があるのです。

 

 

法人登記とは、会社の設立や廃止など、法人のことについてどんな会社であるのかということを
公示するためのものであります。

 

 

これによって、公示されている会社が一体どのような事業を営んでいるのかということや
取締役などの氏名、資本金の額などを調べることができるのであります。

 

 

このように、登記とは、重要なものについての権利関係などを第三者にもわかってもらうようにするために
行われているものなのであります。

 

 

登記関連のことについては詳しいことは法務局や司法書士などから情報を得ることができますので
もし、気になることがあったら一度相談するといいかもしれないです。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。